中国からのタオバオ代行から買い付けする際に気を付けなければいけない事、日本の法律上の許可の問題があります。
今回は子供用商品についてです。

中国タオバオ代行から子供用商品、これを扱うときには気を付ける必要があります。
とくに乳幼児関係は結構規制があります。
趣旨としては抵抗力が小さい子供の体の安全を守る事にあるようです。

需要がある子供用商品として子供用おもちゃ玩具はありますが、売れている商品でもまず商品として販売できないと意味がありません。
そういう意味でも日本の各法律のポイントは抑える必要があります。
特に中国からの輸入時の国際配送は通関がどんどん厳しくなっているので
ちょっと前に国際配送できたから今回も国際配送できるというのは
限らないと考えてください。
国際配送は月々によってまた予告なく厳しくなっています。

対策をしていないと子供用おもちゃ玩具これは結構きびしいです。
子供用おもちゃ玩具商品は日本の通関で止まってしまう可能性があります。
子供用おもちゃ玩具を輸入を考えられている際には税関に確認されるほうがいいです。

詳しくはこちら
https://www.jetro.go.jp/world/qa/04M-010793.html

ちなみにおもちゃ玩具が大人のものであればいいので、写真のように対象年齢を明確にしておくというのも重要です。
おもちゃ玩具がすべて規制されるわけではなくて年齢によって規制されるものと規制されないものがあります。