資本があり販売力があれば中国での工場をしっかり選んで、設備、技術が高いところを
選ぶのが王道だと思います。

しかし、通常どこかに制限があります。

資本だったり、販売力だったり、納品能力だったり。

だからといって日本国内から購入して販売するのではなかなか長続きをするビジネスモデルを確立することがむつかしいです。
常に新しい商材を探して、ブームがさったら再度新しい商材を探す。
こんな流れになっているところもあると思います。

売れるものが見つかればイーウー市場でOEMをする。
もしくは売れる類似のものを買い付ける。

しかし、品質は管理できません。

なぜなら設備も技術も限られた場所で製造するものを仕入れるので。
特にタオバオからの仕入れの場合は前はよかったからといって大量に入れた時に品質がかわってしまうことがよくあります。

これは理由はタオバオは通常工場ではなくて卸だからです。

ですので例えばですが、A工場からいれていたのに、大量に入って、B卸やC工場から入れるという形。
あるいはA工場の商品がなくてB卸から入れるとか

こうなると品質管理はできません。

タオバオ代行業者に検査の項目を詳細につたえること。
当然これは有料になってきます。

ただしっかりと検査作業書を作ってコミュニケーションをして
検査してもらうだけで日本に届いて売れない商品をいれるというリスクをふせげます。

重要なのは査は中国でやってほとんどつぶす体制を
中国の商慣習に基づいて行えるところを探すこと。

再度確認ですが、日本語をしゃべれるだけでは不十分で検査体制をもっているところといかに組めるか。

これを意識するだけで日本に届いたときにイメージしていた商品を仕入れることができます。