中国輸入を始める際に一番困るのが言語の問題。

英語でやりとりをするのは不可能ではありません。
工場等に外国人専用の担当者がいる場合があります。

では日本語は?
いないことはないと思いますが、結構しぼられてしまいます。

でも重要なことは実は英語とか日本語とかという言語ではないんです。

じゃあなにが重要なのっていうと、要望がちゃんと伝わって実現できるかですね。

たとえば色とかサイズとか。

ここ日本でいえば当たり前ですが、中国では結構苦労するところです。

届いたら数の組み合わせが違うとか日常茶飯事的にあります。

これをひとつひとつ伝えてやっていたら時間がものすごいかかります。

そこで日本語でやりとりをしてそれをタオバオ業者に伝えてもらう、いわゆるタオバオ代行というサービスが生まれたわけです。

まずはタオバオで探してもらう。
探してもらったあとにほしいものをピックアップ。

それをタオバオ代行で購入してもらう。

タオバオ代行で購入してもらう際にサイズ、色、その他の要望をきっちり伝える。

届いたものがご希望のものかどうかを確認する。

結構これも手間がかかりますね。

ただタオバオ代行業者を使えばこれもかなり手間が省けますが。

イーウーマートはこの状況を考えて、システムを導入しています。

これであれば好きな時に注文できて、イーウーマートのシステムから現在状況の確認もできる。

問い合わせもイーウーマートのシステムでの現在状況を見ながら確認をすればいいですし、配送状況もイーウーマートのシステムをみれば確認できる。

まさに便利な仕組み、そしてすばやいレスポンスがイーウーマートの担当者とできる仕組み。

これがイーウーマートのもつタオバオ代行のシステムです。