中国輸入をやるうえでまずはネット環境が大事かと思います。
これは日本にいれば問題なくだいたいいけますのでどこにいても基本は問題にならないと思います。

ただし沖縄で中国輸入をネットでやられているかた、気を付けてください。
考えないと売れない状態となります。

まずは国内配送料、これがバカ高いです。
ほとんど購入者が東京だと思いますが、東京から東京におくるのと、沖縄から東京に送るのどちらがコストかかると思いますか?
わかりますね。
これが一つ目の理由です。

もう一つの理由、これがあまり知られていないですが、実は中国からおくる場合も沖縄(実は沖縄以外にも結構あります、配送業者によって異なりますがDHLがもっともこの状態の場所が多いです。)は僻地扱いされてしまいます。つまり別料金がとられるんですね。

DHLはこのへき地扱いしている場所がものすごく多い。
これは単純に営業所が日本にどのくらいあるかということで、営業所からの距離によります。
つまりどんなに都心でも営業所から距離が離れているとこのへき地料金がとられます。
(それぞれ配送業者にきかないとわからないです。基準がばらばらですので)

ただ例外がひとつあります。
EMSです。
EMSは僻地扱いされることなく日本全国に中国から届けてくれます。
なのでもし中国から沖縄におくるのであればEMSが信頼性と価格を考えるともっともいいです。

しかしながらEMSはものすごく高い、運送費が。

国内運送費と国際運送費だぶるで物流にコストをかけてしまっていて大変不利な状態なんです。

ただここで終わると沖縄の人にもうしわけないので解決策を

①アマゾンFBA直送サービスを使う。
イーウーマートは沖縄の人にはこの方法をお勧めしています。
国際送料も中継を挟まない分安くなります。
また手間も中国側ですべて処理します。

②国内転送業者を使う
イーウーマートはこちらも準備しています。
最後に検品で日本人の目を通したいかたはこちらがおすすめです。

今回の内容いかがでしたでしょうか?