中国輸入に限らず本当に最も大事なのは何だと思いますか?
商品代金?品質?
仕入れ代金等のコストと品質はトレードオフの関係にありますとすでにお伝えしていますが

本当の本当にイーウーマートが重要だと考えていること

それは国際配送です。

どんなにいいものを作って仕入れても日本に届かなければ商売はできません。
また梱包でぼこぼこのものが届いても意味がないですよね。

今中国ではなくて東南アジアで製造という話もありますが、イーウーマートが否定的なのはこの国際配送にあります。
つまり国際配送をするためのインフラがかろうじて整っているのはタイくらいでほかは話になりません。

中国はこの国際配送がダントツに進んでいます。
だからいまだにというかここ数年は中国に代わる製造国はないです。
それはこの国際配送が原因です。

それぐらい重要な国際配送ですが、中国輸入をやられているかたがあまりにも無頓着なのはびっくります。
国際料金が安いから選ぶ(しかも見かけ上です。本来の意味では安くないです)とか。

国際配送を考えるうえで考えるポイントはいくつかあります。
①中国側の国内運送(どのくらいもよりの港や空港に時間がかかるのか、もしくは慣れているか?)
②中国側の税関(ここを詳しく話をしているところは皆無です。最近はここの部分が重要になってきています。)
③運送中(ここでの破損はどこが負担するのか?という問題が生じます。)
④日本到着後通関(ここも通常航空便はやってくれるので意識をしないところですが、実はものすごく重量です。)
⑤日本側配送(これは通常あまり問題がないですが、アマゾン等に直送する場合関税の支払いの問題が生じます。)

これを一つ一つ見る必要が本来あります。
そのうえでコストが本当に安いのか?
そして
商売ができる状態で商品が届くのか?

このバランスが重要になります。、

つまり最後のつめを怠るなということです。
ここをクリアできればあとは販売の戦略になります。