中国だけではなくて東南アジアに製造の現場だったりマーケットに視察に行って思うこと。
製造はいろいろ話があります、魅力的な価格だったり魅力的な商品あります。

ですが、国際配送まで考えていますか?

郵政局は各国にあるのでよかったりクーリエもあったりするのであるのであればそれを使えばいいと思います。
ですが、ステップアップをするときにちゃんとやっていれば必ず物流コストの問題がでてきます。

そして結局はコンテナ便になります。
逆にこれをやらないといつまでたっても同じようなことをやるはめになります。

ですので確かに東南アジアや中国以外の国から入れる場合はこの運送費が問題になってくること。
東南アジアは特にまだ港や通関システムが整備されていないところが多いからです。

中国は早くからこの物流の流れをすごく力をいれていたので、すごく便利です。
特にコンテナは本当に便利。

ただコンテナでやる場合はいくつか問題点があります。
たぶんここが非常にあいまいなのでやらないというか避けているんだろうなと思います。

しかし本当に輸入を考えるのであればコンテナは避けて通れません。

ちょっとその量ではコンテナは。。。というのも最近よく質問があります。

その差はどこにあるのか?
ですが別の記事で書いていきます。