チャンスだと思います。

それはほかの人が見えないことが見えている可能性があります。

 

趣味が乗じて本業に

すごくいいと思います。

 

知識や商品知識をもっているなら特に

 

ただ中国輸入で考える際に全体にどのくらいの需要があるかというのは考えていかなくてはなりません

ましては価格ですね。

 

よく趣味で中国輸入をやられるかたの問題点として

ご自身の趣味にどっかりはまってしまい全体が見えなくなるということです。

売れるはずだとおもいのめりこむ方は危険です。

 

そういう傾向があるかたはマーケティング的にものをみれるかたがそばにいるといいと思います。

 

つきつめていけばいいですが、大前提として市場があること

そして市場が飽和していないこと

 

中国輸入を趣味の分野でやられているかた

もしくは職場で経験のある分野でやられているかたはニッチな市場をせめています。

 

そして中国輸入でうまくいっている傾向があります。

 

ぜひ現在の状態に飽和を感じられている方はこのアプローチをしてみてください。