中国輸入の魅力は低予算で大きな利益をみこまれることです。

リスクが少しなので王道のパターンとなります。

 

ただ中国輸入の参加者がふえてくると

ここは同じように教えられて同じような方法でやってきます。

 

となると飽和になりますね。

 

アマゾンにおいても5000円以下の価格が買いやすいというボリュームゾーン。

当然中国輸入実践者はこのボリュームゾーンを狙ってきます。

 

飽和になりやすいのはこの価格帯となります。

あとは見つけにくいか、みつけても扱いにくい商品を扱うかという価格以外のことになります。

 

ただいいものである程度の価格の商品を購入したい層はいるわけですね。

ここを中国輸入者は狙って選ぶという方法もあります。

 

例えば革のバックというと

ぺらっぺらなバックよりもしっかりとした重厚性があるもののほうがほしいとおもいませんか?

 

そすると2000円でうっている合皮のぺらっぺらなバックよりも9980円でもしっかりとしたつくりで長く使えそうなものを選ぶと思います。

 

逆にたとえば980円という革のバックがあったらあやしいとおもいませんか?

 

そういう商品を中国輸入実践者は狙うのは全然ありだと思います。