結論をいうといかなくていいです。
行っても基本的に何も見つからずです。
※現地で飲み食いして楽しむというのがありますが
それなら上海で中国の経済発展を感じたほうが断然意味があります。
ではなぜ行く人がいていったほうがいいといっているのか?

イーウーにいったらすべてがそろうという都市伝説があるからです。
実際の商品は広州や深センでつくっているものが多いにもかかわらずです。

確かに
商品の数は非常に多いです。
そして種類も

ただ来られたかたがだいたいがっかりするのが
品質の悪さで、日本では売れないと

これは当たり前の話でイーウーにあるものが中東向けが多いからです。
つまりこのあたりの地域は商品があればいいからです。

あなたがもし中東に向けて売るのであればイーウーの商品はいいでしょう。

ただし実際に販売するのは日本だったりアメリカ等の先進国ですよね。

であればイーウーにいって商品を選ぶのは非効率です。

もしあなたが
高く売って継続的に売りたいのであれば

これは中国南部の広東省といわれる地域
代表的なのは広州と深センです。

広州はアパレル(日本にでまわっているほとんどのアパレルが広州です)
深センは電化製品

となります。

つまりこの2つの地域は大手も入ってやっています。
代表的なのがIPHONEを作っているアップル社で
深センの北部に位置(会社自体は台湾ですが)しています

もしあなたが
アパレル、かばん、革製品等をつくりたいのであれば広州

もしあなたが
USBケーブルやスマホケースを扱いたいのであれば深セン

という選択肢がもっともよいです。

仮に
もしあなたが
イーウーでこれらのものを扱うのであれば、たいてい広州深センを通すことになるので
ロットも大きくなりますし、価格もあがることになります。
イーウーマートならこのあたり対応できますので
ご連絡ください。